2017/02/24

たまには展示のはなし


春夏の展示会が少しずつ決まってきています。

ホームページインフォメーションはこちら


*4/8-9 静岡手創り市
今年の初出展です。
こちらでは、個人の出展のほかに「企画小屋」という
特設ブースが毎回設けられているのですが、
今回はそちらの方にも出展させていただくことになりました。

なるべく作品がかぶらないようにとのことなので
新しいものをあれこれと増やしているところです。汗



*ゴールデンウィークは益子陶器市
会期が長いので日程はまだ調整中です。
遠方や泊まり込みの出展者の方もいらっしゃるので
やや近めの私は贅沢は言えませんが、
昨年の全日程出展は結構疲れました。。
後半は帰りの運転で睡魔に耐え切れず仮眠したことも。
みんなのテンションもおかしくなってきて
それはそれで面白いのですが。



*6月千葉クラフト展
去年も出展してとても素敵な会場だったので
また決まって嬉しいのと、前回のバタバタの準備の
同じ轍は踏むまいと小さく小さく心に誓う。



*7月初個展
アクセサリーを作り始めてから初の個展を開催することになりました。
ギャラリーはガラス作家でもあるオーナー夫妻が運営しており、
私のガラス時代からもお付き合いのあった方々です。
また、友人たちもそこで展示をしていて何度か見に行きました。
まさかお声がけくださるとは思っていなかったので
嬉しい気持ちとしっかりやらねばというピリッとした気持ちが
同時進行しております。
なにせアクセサリーは小さいので、空間を作るにも
数も無ければいかんとです。


普段会えなくなってしまった人たちにも会いたいな。
自信をもってDMを届けられるように準備頑張ろう。。



*8月那須
お店の小さなブースですがお声がけいただきました。
春夏はいまのところこんな感じです。


***


ざっと見て月1ペース。
私の理想は遊ぶ時間も確保しつつやりたいところなんですけれども。
ダラダラしてしまう習性を正さねば。


雪の心配がない季節になったら、
運動不足を補う低山リハビリも小さく小さく計画中。
キャンプもしたい。
夏フェスも復活できるかなー


沈んだり浮かんだり
泣いても笑っても
きっとあっという間に当日ですね。


時は金なり
光陰矢の如し
歳月は人を待たず
少年老い易く学……あぁもうヤメテー 笑


***


全然蛇足なんですけど
このbloggerの管理画面から見れる
国別のアクセス数に、ときどき群を抜いて
ロシアが出てくるんですけども。
例えば
ロシア 65
日本 14
アメリカ 3

みたいに。
大丈夫なんかなこれ。サイババババ何とかじゃないよね。。


2017/01/11

あけまして2017年


新しい年が明けましたね。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
さて、どんな1年になるでしょうか。


たいがいほったらかしになるこのブログですが、
実は書いては推敲して長くなって重厚感出ちゃって
まとめようとしてるうちにヤメタってことがしょっちゅうあります。
心の内を書いたらそのうち気が済んでしまい、
人に読んでもらうほどでもないなって思ったり。
気が向いたら過去の日付で後追い投稿したりして。


今年はいい意味でもう少し
適当に軽やかに書けたらたらいいな。


***


世間では仕事始めどころかすっかり日常を取り戻しておられますね。
私は毎度のんびりと、でも心はちょっと危険を感じながら
新しい年に向けてようやっと動き出すか出さないか(動けよ)


自分がエンジンであり作動も停止も燃料も意のまま、は
私のようなのんびり屋には時に苦行でもあります笑
誰も尻を叩いてくれない。。
せめてこうやって独り言をつぶやいて小さな決意を寄せるのであります。


***


年の区切りに出納帳のまとめあれこれ。


数字は現実を可視化する一つの指標だ。
帳簿をつけたりしながら1年間に制作した数と、それに伴う出費や売上を見て思う。


先のこともわからず希望半分恐怖半分に進んできたけれど、
一応、現実社会とちゃんと繋がっているようです。


自分の身ひとつでよくやってるもんだなと、ちょっとだけ褒めたい。
※理想にはまだ遠いです。
※もっとやれてる人はもちろんいっぱいいます。
※もっと儲かってる人もごまんといます。


そしてたくさんの方々の力を借りて成り立っている。
ありがたや。


***


まだまだ発展途上というか、よりよいやり方や環境は答えがありません。
その時々で変化もしていきます。
これで満足と思えば模倣することが良いのかも知れませんが、
何となく今は、去年の繰り返しをよしとは思っておらず。
そこらへんがまだクリアになってないからなんでしょうね、動きが鈍いのは。
でも、心はとても穏やかです。


2・3年前だったらこういう自分のことを焦って責めて落ち込んでたな。
今はですね、やる気出ないときは早めにあきらめてやらないです。
しわ寄せが来ますけど、そのくらいの時が集中力発揮します。


最近は運動不足の方が気になっており、
そっちを優先的に何とかしたいなと思っていたりもする。
これからブログのカテゴリ「great journey」の書き込みが
もっと増えていったらいいな。


これまで長いこと自分なりに心の学びというか、
悩むことと気づきの繰り返しのなかで成長することはあっても
体のことはすっかりおろそかにしていたのですが、
心と体の繋がりは密接で、どちらかを学べば結局両方を
見ることになると知ったのです。


とりあえず頭が停滞しても放置して、やみくもに登山とかいいかも知れません。
リハビリが必要ですけど笑
雪は怖いので春が待ち遠しいです。


心も体も動かして、実り多き年になりますように。


2016/09/28

5歳児にお金の使い方の真髄を見たはなし


先日、姉の家に行った時のこと。
1泊して姪っ子ふたり(園児である)とよく遊びまして翌日の夕方、
もう一晩泊まってとお願いされる。



私、自由業ですがやることもあるし、帰ろうかどうかと迷ったところで
「そうだなー、千円くれたら泊まってやるわ」とからかった(←やな大人 笑)



そしたら5歳児姉のほうが「ほんとにーーー!」って喜んで母親(私の姉)に報告に行く。
姉は姉で笑って「そうかー、じゃあ○○のお小遣いでねー」なんて返す。
それで「わかったー!!」と言っておもちゃに紛れてあったポーチだかなんだかを取ってきて、



10円玉や小銭をガチャガチャかき集め、
「これとー、これとー、これあぁもう全部いいや!」
(↑まだ足し算はわからない。ビーズや指輪も混じっている 笑)
両手に乗せて満面の笑みで「はい!」って差し出してきた。



千円発言からわずか30秒足らずの出来事だったように思う。



文章ではうまく伝えられないのだけど、
この時の姪の躊躇のない勢いと、嬉々と実行する姿に
こっちも嬉しくなって感動してしまった。



そこまでして私を引き止めてくれることもそうだけど、
姪が姪自身の喜びのために、喜んで支払う。
”支払い、かくあるべし” みたいな。



お金の価値や働いて稼ぐことを知らないからと言えばそうなんだけど、
はたしてあのような気持ちでいつもお金を使えたら、
金額以上のものが行き交うんじゃないかなぁ。
大人はそこで損得勘定挿むから純度が落ちる。
ない袖は、、ということもありますが。



一人暮らしをしていた頃、お金はとても私を苦しめた時期があった。
働いても出ていくばかりで、好きなことに使う時は代わりに何かを我慢しなくちゃいけなくて。
自分にとってお金は悪い奴になって、そしたらもらうのも気が引けて、
最低限しか動かせていない窮屈な状態。
そのうち制作意欲もリンクして、負のスパイラルであった。。。
しょっぱかったーー



今はというと
「まぁ、お前もけっこういいやつじゃんか」
(↑謎の上から目線)
くらいにはなったかな。。



よく、困難な時ほどその人となりが分かるっていうけど
満たされた時にも同じことが言えるのだと思う。
「今、何の問題も心配もなく超絶自由ならどうしたい?」
って聞くと、返ってくる答えがその人の本質を物語っている。

                                                            

惰眠の彼方 飽食の果て



私はトレーラーハウスを手に入れて、
地球上の絶景を体感しに行きたいなー
心の準備だけは、万全なんですけどね。



あ、また話が反れましたね。
妄想まで始まっちゃって。。 ささ、仕事仕事。


2016/06/29

またまた放置


前回更新が4月4日。。。どうした 笑



手帳を見返してみましたら、



静岡手創り市

ついでに京都まで友人の展示を見に行く
(ついでの距離じゃないと言われる)

フランス帰りの友人を囲んでパーティー
ワインとチーズを堪能

中学卒業以来の友人を交えて再会を祝う
帰りの恵比寿で転んで両膝出血 笑
(終電はちゃんと調べよう)

益子陶器市
10日間通いづめ
終了後ちょっと灰になる

スパイラルマーケットにてお店番ヘルプ

双子を出産した友人宅にお祝い訪問

ヘムスロイドの杜まつりin滋賀

怒涛の準備期間を経て
にわのわ
36時間稼働からの温泉→撃沈

親父の古稀祝い
じいと7人の孫

茨城・笠間に展示を見に行く

タヒチアンダンス鑑賞

ヒーハー!



毎日ウダウダしてたと思ったら何気に動いていた。
滋賀まで運転してるし。



細かく振り返りたい気もするのだが、気が向いたら書いてゆくことにします。
展示もそれぞれ思うことあったなーーー
今後の課題もいろいろあるなーー



年末前からちょっとずつ、起動が滞るようになったノートパソコンがついにお逝きになりました。
リカバリするにもディスク作成してなかった(バカバカ)


 
騙し騙し使っていて修理か新調するかで迷い、買おうと決めてからどれにするかで迷い、選んでからクリックするまで迷い。



で、やっと今日届いての今です。
何をするにも時間かかるのが課題です。
もっと軽やかにお買い物ができる財力がほすぃ。



あとこの前、作品の撮影用の箱?を作ってみました。
半透明のプラダンで。
頑張って撮影して、あれやこれやしていこうと思うだけ思っています。



その箱で試し撮りしてみようと久しぶりに一眼レフを構えたら、重くて首と腕がすぐに疲れてしまい、筋力の衰えを痛烈に感じました。
ちっちゃい軽自動車を洗車するだけで筋肉痛とか、ちょっと健常者の域ではないカモ。。。ということで、筋トレから始めたいと思います(思うだけ)








ちょっと中断してニューPCでプリンタが使えるようにインストールしてみました。


が、うまくゆかず、よくよく調べたら、、


なんとすでにOSに非対応。


OMG。。プリンタも買えというのか。。。


まだまだ十分キレイに印刷できたのに 泣


予備のインクだってあるのに 泣泣


こうやって消費者は踊らされているのですね。


何が モッタイナイ だ。


フンガーーー


もう寝る。


2016/04/04

母校がなくなる話


桜の見頃の週末に同窓会がありました。
私の卒業した大学は学部によって2箇所に分かれ、芸術学部は青梅市の自然豊かな山の上。
たとえば立川で雨が降っていても、青梅線に乗って学校に着く頃は雪だったということもある辺境…



でもそののんびりとした所が好きでした。
当時は最寄駅付近にアパートを借りて住んでいましたが、そこいらに同じように友人が住んでいたたため、そっちこっち遊び歩いたものです。※都会の遊びとは違う
ましてや芸術学部、カワリモノが多くて 笑



それまで普通の高校生だった(はず)の私は、本当にノビノビと羽をのばして生きる場所を得たようで、進学して本当によかったと思っています。
この時に知り合った友人の多くは、年齢の上下関係なく今でも楽しくて大切な人達です。



特に同じガラスコースで学んだ仲間は思い出もたくさんありまして。
同じ釜の飯、、もとい窯のガラスを巻いただけあって上下の繋がりも当時から強かったのですが、その学び舎であった校舎が、合併のためこの度閉鎖されてしまいました。
それを機にお世話になった先生が退職されることになり、大々的な同窓会が行われたのです。
しかも一泊温泉付き (*^_^*)



次週に出展イベントを控えていましたが、迷わず出席しましたよ。
先生は学部創設時から24年間、休講なく勤めてこられたそうです。
当時は厳しいとされた授業内容で、毎年進級する度に同級生が減り(他の素材に絞る学生もいます)、だからこそ卒業まで頑張った学生は思い入れもあるし、こういうときに集まれるのかなぁ



1期生から最後の卒業生までが大広間でワイワイとお酒を交わす風景を見て、
24年間妥協せずに自分の教室を作り上げた、先生の集大成だなと思いました。
スライドショー、時代の流れを感じたなーー



そして翌日、校舎まで行ってみんなでお花見を。
あの頃はヒョロヒョロで、しかも咲いてる時期に見たことがなかった桜並木は一丁前に見られる並木道になっていました。
数年経てばもっとすごいことになるのに、もったいないな。



肌寒い青梅の風ではあったけど、終始和やかに歓談をして解散となりました。
先生の胴上げは却下 笑








2016/03/04

さようなら電気炉


持っていた電気炉をガラス作家の友人に買い取ってもらいました。
電気炉とは陶芸などにも使われる電熱による窯のことです。
ガラスでも、絵付けの焼き付けや型に熔かし込む技法で使用するものがあります。



大学在学中、有志でマイ電気炉を作る機会があったので、迷わず申し込みました。
卒業していつかガラス工房を立ち上げる時に、役立つと思っていたので。
発送のために梱包をしながら、そんな昔のことを懐かしく思いました。





年号が '02 !!

































外側のサイズがW60×D60×H70cmくらいあって、重量もかなりあります。
それでもアパートに持ち込んで、絵付けなどに使用していた時期もあったのですが、最近はめっきりで今後もそんな感じだろうと、やっと手放すことを決めました。
また使いたくなったらもっと小型でいいし、借りる方法もあるだろうと。



すっきり清々しいのと少し淋しいのが織り交ざって、春の陽気も輪をかけて、トラックを見送ったら今日は何もする気がなくなってしまった…



が、しかし
明日から始まる名古屋の展示の発送、日付が勝手に脳内変換されており大慌て。
連絡もらって気付いてすでに遅し。
やっちまっただ、やっちまっただ。。。
とにかくこっちも発送を済ませて反省中デス(-_-;)



春が近づいてまいりましたね。ぼんやりに注意です。



春と言えば桜
あの期間独特の空気がけっこう好きです。
穏やかなのに、なんかザワザワしませんか?
卒業や入学のような節目の思い出がセットだからかな。
特に大学進学時の春、上京したての入学前に家族から離れて、ひとりで見た桜の思い出がそうさせるのかも知れません。
テレビで偶然、さだまさしの「案山子」という歌を初めて聞いて泣けたのもこの頃だ。
とにかく春と桜はいろいろな思い出を引き連れて、変な感じになります。
変質者が増えるというのも頷けます。。



でもその感じがいいんだな。
花見はワイワイするよりも、一本でもいいから落ち着いた穴場でぼーっと過ごしたい。



あ、電気炉とお別れした話でしたね。




ちょうど必要があって
昔の写真を整理してたら、
作ってた時のが出てきた。







耐火ボードを敷く前に書いた。
こんなこと思ってたんだよなーー
今は昔のこと。




2016/02/13

靴をオーダーしてみた


フェイスブックでこちらの靴屋さん情報を知って、
初めて、靴の受注会?のようなものに行ってみました。
長く履いて味が出るような靴を探していたのです。



往々にしてシンプルで真ん中な感じのデザインが好きです。
が、そこにちょっと個性的な部分があるとなお惹かれます。
パッと見て普通のコートの、裏地がいいとか。



形も色もほぼ決まっていたので、アドバイスをいただきながら採寸と要望をお伝えして注文。
作家さん在廊日を選んで正解でした。
私にはちょっと奮発のお買い物でしたが、そのぶんの喜びもあり。
仕上がりが楽しみです。



このあと、同じ路線の駅近くにある友人が始めたパン屋さんへ。
共通の友人もひとり誘い合わせてサプライズ的に訪ねました。
商品が無くなるのが早いとは聞いていたけど、開店2時間にしてほぼほぼ。
程よく私たちが買い占めて、今日はおしまい、ってぇことで、急きょカウンターバーに早変わり 笑



美味しいパンとワインで楽しい時間を過ごせました。
明日の仕込みに影響がでたらごめんなさいね~



パン屋の友は、大学で知り合いました。
その頃から(いい意味でね)ちょっと違うぞって思っていた。
仙人みたいだったな 笑
サラリーマンにはならないだろうなぁとは思っていたけど、独学でいろいろやってのけてしまう器用さと野外にも強い適応能力を持ち合わせ、かつ、お馬鹿な事もどんと来い。
勝手に、いまもメンターとしてもありがたい存在だと思っている。



そして同行してくれた友はアルバイト時代に知り合った。
偶然にも誕生日が同じで、「わ、わかる~」という話ができる。
すんごく優しいんです。申し訳なくなるくらい優しいのに、それはもう性分でさらりとやってしまう。
かとおもえば自分に対しては超オトコマエ。
メールの返事は、よく返ってこないけど 笑



居心地の良さとは、自分のままでいられるということだ。
そのままの自分というより、状態の良い自分でいられるとなおよし。
そこらへんが見過ごせなくなってきております。
一人で作業をしていると人間関係で煩わしいことがない反面、アップダウンのアップもないわけで。
やっぱり会いたい人に会うって幸せだなーって改めて思いました。



その日の夜にそれぞれからメールがあり、
「幸せな時間だった―」とか、
「最高に幸せです♪」とか同じ言葉をもらって、すごいあったかい気持ちになりました。



感覚とか目に見えないものをとても信用しているので、これからも勘を頼りに生きていきます 笑